ルネスタ通販の人気の理由は高い効果と安さ

瓶に入っている錠剤と虫めがね
現在睡眠薬として主流となっているルネスタは、エスゾピクロンを有効成分にもち、一時的な不眠はもちろん入眠障害や中途覚醒に対しても高い効果を発揮します。

また従来の睡眠薬アモバンと比較しても安全性が高いため、さまざまな症状で悩む不眠患者に対する幅広い治療に使われている睡眠薬です。アモバンの有効成分ゾピクロンを改良したエスゾピクロンが配合されている、数多くのルネスタジェネリック品は通販で販売されています。

処方の際に「眠剤」とも呼ばれる睡眠薬は、種類によって効果がさまざまなので事前に特徴を知ることも大切です。効果や副作用、飲み方などを理解し、安全に最大限の効果を発揮させましょう。

ルネスタの効果は?

非ベンゾジアゼピン系に分類され、有効成分のエスゾピクロンが脳の興奮を抑えるベンゾジアゼピン(BDZ)受容体を刺激します。その作用によって脳内の活動が緩やかになり、緊張や不安の軽減する効果を得られるのです。

すると眠気が誘発されることで、自然な眠りを引き起こしやすくなります。作用の持続時間は約4~5時間とされていて、超短時間作用型に分類されるなかでも持続性があるほうなので、入眠障害もしくは中途覚醒で悩む方におすすめです。

※2016年9月14日付けで個人輸入禁止となったゾピクロンの代わりになるのが、エスゾピクロン
ルネスタの有効成分であるエスゾピクロンは、従来のゾピクロンの半分量で同じぐらいの効果があるため、身体への負担軽減にもつながります。

副作用が比較的少ないルネスタ

服用後、頭痛やふらつき・めまい・倦怠感・一過性の健忘・翌日への作用の持ち越しなどが起こりやすいとされる睡眠薬ですが、ルネスタは比較的起こりにくいでしょう。
特に、ふらつきなどにも影響する筋肉の緊張を緩める作用が少ないことから、服用中の転倒を起こりにくくしてくれます。

また、服用が長期化した場合でも効果の減弱を感じにくいため、依存性が低い睡眠薬です。ただし個人差があるため、副作用の諸症状や翌日に作用が残ってしまう可能性もあるので、服用後の体調の変化には注意しましょう。

ルネスタは比較的副作用が抑えられていて、安全性が高い睡眠薬のひとつです。そのため正しい方法で飲んでいれば、強い副作用を起こすことはほとんどありません。

ルネスタジェネリック
ルネスタジェネリックの商品画像

病院から「眠剤」として処方される睡眠薬のひとつ、ルネスタのジェネリックであるフルナイト2。
アモバンと変わらない効果だが副作用は抑えられていることから、高い効果と安全性があって使いやすい睡眠薬です。

ルネスタの飲み方ひとつで効果が変わる

エスゾピクロンとして、1日1回2mg(1錠)を就寝前に服用してください。水またはぬるま湯で服用することをおすすめします。1日の最大服用量は、成人なら3mgで高齢者は2mgです。
最大服用量を超えると、強い副作用を引き起こす危険性が高くなるため、絶対にしないでください。

また服用して30分~1時間程度では効果があらわれてくるため、ルネスタ服用後は外出や運転を控えることをおすすめします。初めて服用する場合や薬の作用が強くあらわれやすい場合、高齢者は半分にカットするなど少量から服用して量を調整しましょう。

これらの飲み方を守れば、ルネスタの効果を最大限に得ることができます。しかし、効果が弱いなどの理由から自己判断で服用量や回数を増やすと、身体への負担が大きくなって重い副作用が起こりやすくなります。

さらには作用時間が約4~5時間あるため、仕事中で仮眠前の服用は止めましょう。寝過ぎてしまったり、起きた後もボーっとして仕事に集中できなくなる可能性があります。

外での作業をしたり、急遽外出や運転をしなければいけなくなると危険なので、仕事中の服用は絶対に避けてください。副作用だけでなく、その後にも影響を及ぼしかねないため、必ず正しい飲み方を守って最大限の効果を得られるようにしましょう。

ルネスタの服用をやめる時とは

指でバツを作っている女性
一過性の不眠や慢性的な不眠など症状が改善されてきて、そろそろルネスタの服用をやめるとなったら、徐々に服用量を減らしていくことが大切です。

一過性なら服用の際に、錠剤を半分や4分の1カットして量を減らす方法がありますが、慢性的であれば1度の摂取量を減らしつつ、眠れない時だけルネスタを服用するなど回数自体を減らす方法もあります。

急に飲むことをやめる他にも急激な服用量の減少も、離脱症状で不眠や強い不安・イライラなどを起こしやすくなってしまうのです。
せっかく症状が良くなっていながら、やめる方法を失敗して不眠が悪化してしまう可能性もゼロではないため、少しずつ減らしてルネスタの服用をやめられるようにしましょう。

ルネスタの併用禁止薬や持病への影響

抗うつ薬や精神安定剤など神経・精神に作用する治療薬、抗真菌薬(イトラコナゾール)などとの併用は、作用が強くあらわれて副作用が出やすくなります。ほかにも何らかの影響を及ぼす可能性があるため、治療中・服用中の治療薬がある場合は医師にルネスタの併用は問題がないか確認するようにしましょう。

そして飲酒は作用を強めて、お茶やコーヒーに含まれるカフェインは効果を弱める可能性があるためルネスタ服用時の就寝前は、お酒や紅茶類・コーヒーを飲むこと避けてください。
重症筋無力症や急性の緑内障を患っている方、喘息などで呼吸機能が低下している方はルネスタの服用は危険です。

また心臓や脳・肝臓や腎臓に疾患があったり、身体が弱っているなどの高齢者は、症状の悪化や強い副作用を引き起こす可能性が高まるため、十分に注意しましょう。
比較的安全性が高い睡眠薬であるルネスタであっても、医薬品である以上は強い作用があるため飲む際は併用禁止薬や持病への影響を確認することが大切です。

効果が高くて安いルネスタは不眠治療に使いやすい

窓から朝日を見る女性
アモバンの代わりともなるルネスタは、従来の睡眠薬同様の高い効果と安全性を兼ね備えている睡眠薬といえます。
病院処方薬として用いられているルネスタの、ジェネリック品が個人輸入代行の通販で数多く販売されていて、安い価格でもあるので不眠治療に使いやすいでしょう。

慢性的であれば一定期間の服用も必要なので、費用を抑え通院の手間を減らしたいという方にルネスタ通販はおすすめです。

更新日:

Copyright© 不眠症を治したいあなたに睡眠薬通販を知ってほしい , 2018 All Rights Reserved.