睡眠薬の依存症や副作用とは

睡眠薬を服用するうえで、もっとも気になることは依存症という人も少なくないでしょう。また効果が翌日まで持ち越されたり、ふらつきや転倒が増えるなどの副作用も報告されています。

作用が強めの睡眠薬(ベンゾジアゼピン系など)になると、効果がピークを迎えるときに記憶障害を引き起こしたり、稀に効果とは逆の作用を引き起こす可能性もあるのです。

副作用の症状を知る

服用後、眠りにつきやすくなっても翌朝以降も眠気をともなったり、ふらつきや倦怠感などが続いてしまうことを、作用の持ち越しといいます。そしてふらつきの他、転倒が多くなるという副作用の症状には筋弛緩作用が関係しています。

若い方はそれほど大きな問題では無いかもしれませんが、高齢者などの場合は転倒した拍子に骨折してしまう可能性もあるので注意が必要です。さらに睡眠薬を過剰摂取した場合やアルコールとの併用によって、作用が強くなることで記憶障害が起こりやすくなるでしょう。

これだけでなく、頭痛やめまい・のどの渇きなどの諸症状もあらわれる可能性があるため、症状が悪化したり長時間に及んで副作用が続く場合は、なるべく早く病院を受診してください。

睡眠薬の依存性は低くなっている?

頬づえをついてボーっとしている女性
睡眠薬の依存性が高いイメージを持っている人は現在でも多くいるようですが、近年は依存性の低い睡眠薬も増えてきています。従来の睡眠薬は、脳に直接作用して脳の活動を抑制していたので、強い副作用があらわれやすかったり高い依存性があるともいわれていました。

しかし現在の睡眠薬の多くは、睡眠ホルモンとも呼ばれるGABAの作用に影響して睡眠を促す作用をもたらすので身体や脳への負担も比較的少ないため、依存性も低くなっているのです。
また睡眠薬に依存しないためにも連続服用した後は、症状が良くなっても急な服用の中止や急激に服用量を減らさないことが大切です。

確かに、睡眠薬があればスムーズに眠れるようになると「もう手放せない」と考える人も少なくありませんが、不眠が改善されて徐々に減薬できれば依存せずに、睡眠薬の服用をやめることができるでしょう。
これまで睡眠薬の服用による、身体への負担などが気になっていた人でも依存性や副作用を知って注意したうえで服用を始めれば、安全に不眠症の改善に取り組むことができます。

更新日:

Copyright© 不眠症を治したいあなたに睡眠薬通販を知ってほしい , 2018 All Rights Reserved.