不眠症とは|完治するために症状を知る

寝つきにくい、寝ている途中によく目が覚める、眠りが浅い気がするなど、不眠症といってもさまざまなタイプに分けられます。
それは、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害の4つに分けられるのです。それぞれどのような症状で、改善に適した睡眠薬のタイプはどれなのか、併せて紹介します。

入眠障害

眠ろうと横になっても30分~1時間以上寝つけないタイプです。緊張や不安が強いときに起こりやすいとされています。
一度寝つくことができれば、朝までぐっすり眠れる場合も少なくありません。超短時間作用型の睡眠薬が適しているでしょう。

中途覚醒

時計と目元を押さえる女性のシルエット
寝ているにもかかわらず、途中で目が覚めてその後眠れなくなってしまうタイプで、不眠症で最も多い症状です。
加齢に伴って、眠りが浅くなることも関係しているといわれています。超短時間作用型もしくは短時間作用型が適しているでしょう。

早朝覚醒

夜遅くまで起きられずに、朝早く目覚めることから高齢者特有の早寝早起きと思われやすい不眠症の症状です。
定めた起床時間よりも2時間以上早く起きたにもかかわらず、もう一度寝つくことが難しくなることで「うつ」の症状にも多くみられます。中間作用型や長時間作用型が適しているでしょう。

熟眠障害

オレンジの明かりの中にある壁掛け時計
十分な睡眠時間を確保して寝ているにも関わらず、目覚めた時に眠った気がしないということが多くあるのです。夢ばかりみていて、とても眠りが浅いといえます。
他のタイプの睡眠障害を併発している場合があり、睡眠の質が低下していて昼間に強い眠気を起こすことが増えるのです。睡眠薬には睡眠の質を高める効果は無いので、熟眠障害の改善には適していません。

不眠症の原因には、生活習慣の乱れや精神的なストレス・心身の病気などが大きく関係しています。ほかにも治療薬の服用やアルコール・カフェインなども不眠に影響を及ぼす可能性があるのです。

睡眠薬の服用によって、不眠症とともに原因の改善もしくは解決していくことで効率アップや再発予防にもつながるでしょう。

更新日:

Copyright© 不眠症を治したいあなたに睡眠薬通販を知ってほしい , 2018 All Rights Reserved.